マンション管理士とのダブルライセンス

マンション管理士と宅建を両方勉強すると? 

試験範囲が類似しているのでダブルライセンスに最適

マンション管理士の受験者は、もちろんマンションを管理する仕事を目指しているはずです。

マンションの管理会社や組合、あるいは不動産会社への就職を計画している人が大半を占めるでしょうが、そのときに役立つ資格があります(それも、マンション管理士にけっこう近縁の資格です)。

それは、「宅建」です。正式名称は「宅地建物取引主任者」、平成27年4月からは名称が変更されて「宅地建物取引士」という名前の資格ですね。

宅建は宅建で、合格率が高いとは言えない資格です。
しかしマンション管理士と比べたらそこそこ楽ですね。それに、試験範囲にはマンション管理士に近い部分がたくさんあります。

法令科目だけを見ても、宅建業法や民法、区分所有法と、共通して取り組む法令がいくつもあります

それ以外を見ても、たとえば宅建にしてもマンション管理士にしても、土地や建物の管理について、会計や税務といった知識が求められます

つまり実際に、会計や税務の科目をどちらの受験においても勉強することになるのです。あとは、設備系の科目に目をやると、建築基準法を勉強しないといけないという共通点が目立ちますね。

両方の資格を同時に、(つまり1年以内に)狙うのは無謀でしょうが、1年ずつ勉強するなら、「1年で1資格に合格」なんていう、夢のような物語をリアルに実現できそうです。

それに、宅建は取得する価値がある資格です。宅建は、不動産の商取引(売買契約)をする企業では、定められた比率(5名に1名だったかと思いますが)で雇用しないといけないことになっているのです。

マンションを建設・販売しているような会社には、だいぶ入りやすくなる可能性があるわけです。

マンション管理士の受験者にとって、管理業務主任者が第一に目指したい次の資格ですが、第二に目指したい資格は宅建ではないでしょうか。

私も数年以内に宅建の受験にも手を伸ばしたいと考えています。同じ通信講座で勉強できるチャンスが多いのも、ありがたいですね。