マンション管理士とは

平均は400万円、スキルに応じて大幅増も見込めます!

これからマンション管理士試験に臨む受験生にとって、最大の関心事といえば「年収」ではないでしょうか?

資格取得で臨めるステイタスはもちろん大事ですが、ビジネス上のライセンスである以上、それを有することでどの程度の収入増が見込めるのかは重点を置くべきポイントであると言えましょう。


9bf1be0e5a636e360eeb24b79569d47d_s

【平均は400万円程度、スキル次第で年収アップも可能】

タイトルの通り、皆さんが気になるマンション管理士の年収相場はおよそ「400万円」前後であると言われています。

数字だけ見るとごく一般的な会社員とさほど変わりないか、もしかしたら現状を下回るケースも出てくるかもしれませんが、だいたいこの程度が平均値のようです。

いかがでしょうか?マンション管理士試験に挑戦したい方でも、思いのほか高額年収が見込めないことが分かれば「う~ん、どうしようか」「他の資格にしようか」と考える人も出てくるかもしれません。

【マンション管理士で年収増を目指すなら、既に持っているスキルに注目】

しかしながら、マンション管理士の年収は、皆さん個々のスキルや経験によって平均を大幅に上回ることも可能。
例えば、

  • 執筆やメディア出演、講演に力を入れ、本業以外からも幅広く収入を得る
  • 管理組合との顧問契約を数多く締結出来れば、安定的な収入増が見込める

などのケースがあると思います。

これらは総じて個人で開業をした例になるのでしょうが、個々のスキルを活かすといった観点でいえば、会社に所属するよりも独立してしまった方がやりやすいと言えるでしょう。

しかしながら、独立開業の場合にはそもそも「基本給」といった概念がありませんから、収入を安定させるところから始まることになります。

それはそれでなかなか大変ですが、成功し、晴れてマンション管理士としての年収に結びついたときのやりがいは大きいものです。