勉強方法について

試験の概要と合格率・難易度

マンション管理士試験の受験の流れをわかりやすくご案内します。
また、近年の試験の結果に基づき、試験の難易度を推し量ってみました。マンション管理士試験の勉強法をさぐる、前準備としてご活用ください。

<受験資格・申込手続きなど>

●受験資格
全くありません。年齢、学歴・経歴、国籍などは一切問わず、広く開かれた資格です。

●受験に関する願書の入手方法
(財)マンション管理センターの本部または支部(試験地)から入手してください。

公益財団法人マンション管理センター

〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-5-5 岩波書店一ツ橋ビル7F
TEL03-3222-1611(試験案内専用電話)

上記のサイトから、PDFファイル版の「受験案内」をダウンロードできます。

●申し込み期間と試験日・合格発表
申込は毎年9月上旬から下旬までできます。
試験は例年、11月下旬から12月上旬の間に行われています。合格発表は、年を明け毎年1月中旬にあります。

●試験地
札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市及び那覇市並びにこれら周辺地域(全国25会場)

●受験料
9,400円

<試験の内容>

●想定される出題内容は、以下の4つに分類されます。
(1)マンションの管理に関する法令及び実務に関すること

  • 建物の区分所有等に関する法律
  • 被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法
  • マンションの建替えの円滑化等に関する法律
  • 民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)
  • 不動産登記法
  • マンション標準管理規約
  • マンション標準管理委託契約書
  • マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等)など

(2)管理組合の運営の円滑化に関すること
管理組合の組織と運営(集会の運営等)、管理組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)、管理組合の苦情対応と対策、管理組合の訴訟と判例、管理組合の会計など

(3)マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること
マンションの構造・設備、長期修繕計画、建物設備の診断、大規模修繕など

(4)マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針 など

●出題形式と配点
四肢択一マークシート式の筆記試験、試験問題は50問。

●合格基準
マンション管理士試験に合格するためには、満点(50問正解)の60~70%の得点が目安になります。

●近年の試験結果

  

合格率・合格点
  2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
合格率 8.4% 8.2% 8.0% 9.0% 7.9%
合格最低点 34点 37点 36点 34点 38点

※例年受験者は2万人前後、合格者は1500人前後

年齢別受験者の傾向(2018年)
年齢 受験申込者数 受験者数 受験率 合格者数 合格率
~29歳 1,353(9.5%) 1,114(9.0%) 82.3% 85(8.7%) 7.6%
30歳~39歳 2,564(18.0%) 2,119(17.1%) 82.6% 218(22.4%) 10.3%
40歳~49歳 3,577(25.1%) 3,059(24.7%) 85.5% 272(27.9%) 8.9%
50歳~59歳 3,583(25.2%) 3,210(25.9%) 89.6% 240(24.6%) 7.5%
60歳~  3,150(22.1%) 2,887(23.3%) 91.7% 160(16.4%) 5.5%
合計 14,227 12,389 87.1% 975 7.9%

(管理人の解説)
マンション管理士試験の合格率は7~8%前後です。
合格率の観点から見ると、建築・住宅関連の他の資格と比較してみると、一級建築士や土地家屋調査士等と並ぶ難関試験です

また受験者の中心層が30代~50代と広範であることも、この国家試験の特長のひとつです。
あくまで想像ですが、建築・不動産関連の業務を経験している人はもちろんのこと、司法書士や行政書士、また建築士等の有資格者も受験しているように思われます。

合格率は7~8%の数字は、合格者の内訳も念頭において、きびしく受け取ることが必要でしょう。