勉強方法について

出題範囲は、法令系、会計・管理実務、設備系と解釈しよう!

試験の概要、また試験の難易度などがわかってきました。
それではいよいよ、マンション管理士の「勉強法」について理解していきましょう。

そしてマンション管理士の勉強法のコツをつかむには、まず出題範囲を整理してみることが大事です。

本試験の出題内容は、以下の4つでした(詳細は、「試験の概要」ページ参照)。

  1. マンションの管理に関する法令及び実務に関すること
  2. 管理組合の運営の円滑化に関すること
  3. マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること
  4. マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

もっと簡潔にしてみましょう。

  1. 「法令系の出題」
  2. 「会計・管理実務の出題」
  3. 「設備系の出題」
  4. 「分譲マンションの基本的なルールを定めた法律についての出題」

ととらえて問題ありません。
それでは、法令系、会計・管理実務、設備系とは具体的には何かといいますと、

<法令系>

  • 区分所有法
  • 民法
  • マンション標準管理規約
  • 被災マンション法
  • 建替え円滑化法
  • 不動産登記法
  • 借地借家法
  • 宅建業法
  • マンション管理適性化法
  • その他の法令

<会計・管理実務>

  • マンション標準管理委託契約書
  • 会計・税務・簿記
  • 民事訴訟法
  • 建築

<設備系>

  • 設備
  • 維持保全
  • 都市計画法
  • 建築基準法
  • その他設備系法令

と概ね整理できます。しかし実は、上記が問われる内容のすべてではありません。
マンション管理士の試験対策をパーフェクトにするには(不可能ですが)、ほかにも住宅品質確保法、水道法、消防法、郵便法ほか多くの法律を紐解く必要があります。

実際、勉強が進む過程で、これらの法律にも触れるようになると思います。

このページでみなさんに認識しておいていただきたいのは、マンション管理士の試験範囲は、重箱の隅をつつき出すと、とめどもなく広範なものになってしまうということです。

それからこの資格試験には、区分所有法や民法、管理規約、宅建業法などについて複合問題も多々出題されます。
単に法律を詰め込めばOKかといえばそんなことはなく、むしろ類推的な判断や応用力が問われる試験です。

しかしまた、本試験の出題全50問のうち、30問近くが上で整理した「法令系」の範囲内にあること。

続いて出題の多い、「設備系」の出題や、4のマンションの管理の適正化の推進に関する法律に関することは、暗記科目として点が拾えるなどの特長もあります。

近年の合格最低点は34~37点でした。
もちろん絶対とはいえませんが、7割超え36点ラインの実力で試験には合格できます。

総括してみると、上で整理した3つの分野(法令系、会計・管理実務、設備系)を念頭に置いて、法令系を中心に応用力を養う勉強法を心がけるというのが、第一の結論です。